面接に応募する前に

求職・転職活動中で自分が働くに良さそうなところを見つければ、その求人に対して応募すると思います。

その応募するまでも何気なくやればすぐに行動に移せますが、それまでにきちんとやらなければならないことがあります。

まずは、その求人情報を読み込むことです。

当然ですが、求人情報にはとてもいい誘い文句が書かれていることが多いです。

1日からOK、履歴書不要、高時給、高収入、残業なし、など魅力的な言葉はたくさんありますが、その言葉の裏を考えることも必要です。

1日からOKということは、そのくらいにしないと人が辞めていく場所であったり、きつかったりするのかもしれません。

また、履歴書不要というと少し粗暴な感じのする職場なのかもしれませんし、高時給、高収入はそれに見合った大変な仕事、残業なしとは言ってもそもそも勤続時間が長いなど、もしかしたらその言葉たちには落とし穴があるかもしれないのです。

疑心暗鬼にとらわれることは良くないですが、なんでも素直に受け止めすぎるのも控えるべきです。

また、長い期間で同じ求人情報を見ていると、いつまでも同じような求人情報を掲載している企業というのもわかります。

そういったところはやはり人が入ってもすぐ辞めていくなど何かしら原因があるところが多いので、注意が必要です。

また、自分の勤務条件というのもきちんと決めおかなければなりません。

勤務地は少し遠くても給与は高いほうが、基本給は低くても福利厚生がしっかりしているところなど、すべて叶うところは少ないと思うのでこれだけは、というものを決めておきましょう。

うまく求職・転職活動がうまく行かない場合はハローワークや情報サイト、転職エージェントを利用すると良いでしょう。

例えば転職エージェントは転職探しのプロでもあり職場の内情にも詳しく、自分の希望条件に合った職場を探し、間に入ってやり取りもしてくれるのでおすすめです。